ますます濃くなるかも!?実はNGな脱毛行為

imasia_14576987_S

繰り返す手間がかかるだけではない肌を傷めるNG脱毛

カミソリや毛抜き、家庭用シェーバーなどを使った自己処理は、コストをかけず手軽にできる方法ですが、実は危険がいっぱいです。
自己処理による脱毛はほどなく毛が再生するため、延々と続ける必要があり、何度も繰り返すのが面倒で手間がかかるうえ、継続的に肌に負担をかけているのです。
繰り返せば繰り返すほど肌を傷めて肌がバリア機能を失って乾燥し、キメの粗いゴワゴワ肌になるとともに、生えてくる毛も太く剛毛化していきます。

カミソリは毛が太く濃くなる

自己処理の定番であるカミソリは、危険がいっぱいの実はNGな脱毛行為の1つです。
カミソリは表面上、ムダ毛をカットするだけで毛根からなくすことはできません。

そのため、切断された断面がブツブツに見えるため、まず目の錯覚として毛が太くなったように見えてしまいます。

実は視覚的な作用だけではなく、実際にも毛穴が目立つようになり、生えてくる毛が太くなったり硬くなったりすることがあるのです。
毛が太くなれば、いっそう大量の毛が生えているように見えるので、ちょっと処理を怠っただけで目立つようになります。

カミソリはムダ毛だけをカットするのではなく、肌の表面も一緒に削ってしまうので肌が痛めつけられてブツブツになるうえ、繰り返し刃を肌に当てることで色素沈着を起こすこともあり、実はリスクに満ちたNG行為なのです。

毛抜きは毛が太く硬くなる

毛抜きによる処理は1本ずつ抜いていくので、とても痛くてお肌にも精神的にもストレスがかかります。
それだけでもNG行為なのですが、毛根から引き抜ける分、カミソリより再生スピードが遅くなり、黒い毛のブツブツも残りづらいので抜いてしまう方が少なくありません。
毛抜きの場合も繰り返すことで毛穴が大きく開いてしまい、毛が太く硬くなるリスクがあります。
それだけでなく、刺激が強すぎて発疹や腫れ、痒みが生じたり、毛包に細菌が入り込んで炎症を起こしたり、化膿してしまうおそれすらあります。
脱毛直後の肌が非常に敏感になるので、肌トラブルを起こすリスクが極めて高いNG行為といえるでしょう。

肌に優しく徐々に薄くできる光脱毛

NG行為を避けて肌が喜ぶ脱毛処理をしたいなら、やはりお肌に負担が少ない光脱毛がおすすめです。
ムダ毛の黒い色や濃い茶色としか反応しない特殊な光を照射して、毛根組織を破壊し、照射後1週間から2週間経つと、自然と抜け落ちていく方法です。

繰り返すことにより、次第に毛が薄くなり目立たなくなりツルツルにできます。
毛以外のお肌とは反応しないため、肌に優しく毛が太くなるリスクもありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ